未分類 0 Comments

古くから日本では、発酵食品や海藻類のネバネバが身体に良いと言われてきました。近年、食品の健康効果について研究が深まり、言い伝えのように言われていた食品の健康効果に科学的な根拠があることが証明されはじめました。

フコイダンは、1913年スウェーデンのキリン博士によって発見されましたが、身体への影響についての研究が盛んになったのは1970年代に入ってからです。1996年にガンに対して有効である可能性についての報告が日本癌学会でされると、より一層注目を浴びることになりさまざまな研究が行われ、フコイダンを利用した健康食品も多く開発されています

育毛フコイダンのネバネバには、海藻が傷ついた自分の体を守るための修復作用があり、それが人間の身体にも有効に働いてるのではないかと言われています。現在、分かっている健康効果としては、「免疫力を高める」「胃の働きを助け、ピロリ菌の排出を促す」「血糖値を下げる」があります。その他にも、抗アレルギー作用、抗酸化作用やコレステロールを下げる効果、育毛や美肌効果も注目されています。

フコイダンは、水溶性食物繊維で人間の胃腸粘膜にある硫酸基と同じ成分が含まれますが、海藻の種類によって含まれる物質や構造が違っています。例えば、コンブ由来のフコイダン、めかぶ由来のフコイダン、もずく由来のフコイダンなどがあり、それぞれに健康効果も違っていると言われており、今後、ますますの研究と開発が待たれます。ここでは、海藻類のネバネバに含まれるフコイダンの健康効果についてご紹介します。

参考リンク_フコイダン健康食品:VENTUNO