未分類 0 Comments

体内の中胃がんの発生原因であるピロリ菌は、日本人の50才以上の8割以上が持続感染していると言われています。胃の健康を守り、胃がんの発生を抑えるためにはピロリ菌の除菌が欠かせません。現在、ピロリ菌の除菌は保険が適応され、いくつかの抗生剤を用いて行われます。

ピロリ菌は、胃粘膜の「硫酸基」のある場所へ集まって胃粘膜へ居座り続け、胃の粘膜にダメージを与えます。硫酸基はピロリ菌の好物なのです。フコイダンには胃の粘膜にあるものと同じ、硫酸基という成分があります。ピロリ菌はフコイダンの硫酸基も大好物です。フコイダンが胃の中にあると、ピロリ菌はより自分の好みであるフコイダンに付着します。フコイダンは不溶性食物繊維ですから、いずれは胃から小腸、大腸へと移動しますが、その際、ピロリ菌はフコイダンに付着したまま体外へ排出されることがわかってきました。

フコイダンには、胃粘膜、胃壁の修復作用もあります。ピロリ菌やストレス、暴飲暴食などで弱った胃を保護します。この胃の修復、保護作用も硫酸基が担っています。フコイダンのぬるぬるも胃粘膜のぬるぬるもこの硫酸基です。ピロリ菌が胃の中に住み続ける原因にもなっている硫酸基は、胃の健康のためにはなくてはならないものです。フコイダンを摂取することで、ピロリ菌を少なくしながら、新しい硫酸基を供給し胃の健康を守ることができます。最後にフコイダンで血糖値を下げることについて説明します。