免疫力アップ

未分類 0 Comments

免疫力とは、病気や怪我の時に自分で自分を治そうとする、人間が本来持っている自然治癒力のことです。免疫細胞には大きく「体内に入ってきた病原菌やウィルスを発見する」「発見した病原菌やウィルスの情報を伝える」「受け取った情報をもとに、適切な攻撃を加える」この3つの働きがあります。これらの免疫機能がうまく連携できなければ、私たちの身体を病気や怪我から守ることができません。この大事な免疫機能を持つ免疫細胞の6割から7割が腸の中に存在しています。腸は食事の影響を受けやすい器官です。なにを食べるかで免疫機能も大きな影響を受けます。

フコダインフコイダンの摂取によって向上が期待される免疫細胞のひとつに、NK細胞があります。このNK細胞は、ナチュラルキラー細胞と呼ばれ、がん細胞や異常なウイルスが体内に侵入していないか全身をパトロールして、その場で攻撃を開始しする強力な免疫細胞です。このNK細胞の働きが弱まるとがん細胞の増殖を許してしまうことになりかねません。

フコイダンは小腸を通過する時に、パイエル板と呼ばれる腸管組織を刺激して免疫力を高めていると言われます。また、フコイダンの硫酸基は小腸、大腸の粘膜組織を保護し、その機能を正常に保つ働きもしています。加齢によって、免疫力は腸管免疫が主体になってきますので、腸管の粘膜を保護するフコイダンの働きが重要になってきます。次は胃を守る働きについて説明します。